So-net無料ブログ作成

10月31日 何となく・・・やばい感じの地金たち! [飼育日誌]

10月末・・・かつて地獄を見た時期だ。
どうしてこの時期は病気になりやすいのか不思議に思うのだが、薄飼いをしていないと本当に全滅しかねないので注意が必要。
どんな金魚飼育者でも、秋は気を使うと言う。
水温は下がるし、食欲は上がるし・・・その一方で、細菌の動きも活発なのだろう。

さて、地金が5尾から9尾になって、やっぱり1つの水槽では収まりそうにない気がする。
一昨年、90cm水槽に6尾で水質安定の実績があったので、6-7尾で押さえておきたいのだが、何となく地金たちの様子も普通と違う気がする。
水温が下がったためなのか、はたまた「1昨日にマルが体表をこすりつけていた」という動作が影響しているのか・・・。
おかげさまで上と下の水槽の入れ替えが激しい。
モンは今朝、90cm水槽に戻したが・・・。
変わりに、同じような動作をしていたツブと当歳を上の水槽にあげる。

明日は・・・本格的に水替えをして・・・・60cm水槽は一応、薬も入れておこうと思う(今は塩水浴)。

P1030198.JPG
今朝の90cm水槽。室内も底冷えするような寒さだ。

P1030199.JPG
こちらは、60cm水槽。
塩水浴にすると、よく粘膜みたいなものが水底にフヨフヨしていることが多い。
金魚はわりと、これを嫌がるようで・・・。

10月30日 寒い朝! [飼育日誌]

今朝は布団から出られない~!!
って思いましたが、気温も低かったようで・・・
そろそろ我が家の洋らんたちも室内に入れないといけないようです。

そして、動く洋らんたちの水温は18度。
水槽の側面に発泡スチロールを貼った効果で、今のところ水温変動が少ない様子。
ヒーター使っていないので、できる限りのことをしないとねぇ。
そろそろ、冬越しのことも本気で考えないといけない・・・。
90cm水槽で9尾を冬越しさせるのは酷な気がするので、個人的には90cm水槽をもう1本2階に設置して、2つに分けて冬眠させようと思っている。
水槽は余っているので大丈夫だが・・・主人が何と言うか・・・・はぁ。

90cm水槽の7尾は本日も活発。
飼い主を見て、7尾とも壁面でワラワラしている光景は、うれしくもありほほえましくもある。
だって、以前にモンを隔離しようとして網を水面に近づけたら、それでもみんなご飯だと思ったのか、近づいてきたし・・・。
あれは、正直言って罪悪感残るよねぇ。
でも今日は、ご飯なし!
だって昨晩、マルが体表をこすりつける動作をしていたから・・・。
とはいっても2回しただけで、その後も今日も一度もその行動は見られていない。
そして体表にも何も無い。
だけど、一応、大事を取って様子を見る。

一方、60cmランチュウ水槽の2尾は動きが緩慢。
こちらは、フィルターをつけてないので、水流は小さなエアーだけ。
だから、割とゆったり動いている。
モンは静止せずに泳いでいるが、当歳はじっとしていることが多い。
これはあまりうれしくないので、とりあえず水換え2/3に塩を投入。
モンはそろそろ戻しても良いかもしれない。
こうしていきながら、地金の適正水量を見極めるつもり。

かつては60cm水槽に5尾だったので、1尾当たりの水量は11.5リットル。
60cm水槽は58リットルとして計算。
これで病気三昧だった。
今は90cm水槽に9尾とすると(現実は今、7尾だが)、1尾当たり・・・
えーと・・・[たらーっ(汗)]
水量が157リットルだから・・・[ちっ(怒った顔)]
17リットルか・・・。
少ない気がする。
7尾で22リットルか。
6尾で26リットル・・・・そのくらい欲しいなぁ。

むぅ~[あせあせ(飛び散る汗)]

10月29日 そろそろ当歳に名前を・・・ [飼育日誌]

さて、1昨日の隔離で問題なくなったモンちゃん。
今朝も別に、普通に泳いでいます。
今は、新入りの当歳と一緒に塩水浴中ですが、当歳がまとわりつくのが嫌なのか、時折、当歳のおなかを突付いて追い払う光景も見られています。
しかし、ちょっとで終わるので、別に飼い主はこのまま存続させるつもり。
そして、90cm水槽に移った当歳たちも、今では2歳に混じってのんびり泳いでいる。
こちらの水槽はコケも生えているので、それをついばんだりもしている。
今のところ、大丈夫みたいね。

さて、そろそろ当歳3尾に名前をつけようと思うのだが、なかなか思い浮かばない。
こういうのはインスピレーションだと思っているので、彼らの顔をじっくり見て決めたいところ。

P1030193.JPG
本日の90cm水槽。
実にのんびりした光景だね。

P1030194.JPG
あなたは誰?・・・名前はまだ無い。
P1030197.JPG
本日の60cmランチュウ水槽。
大きさの差がここまで明確?・・・なのにビックリした。

10月28日 当歳とモンの引越し騒動! [飼育日誌]

さて、当歳3尾は昨日で1週間たった。
我が家ナリの、トリートメント工程の終了だ。
そんなワケで、いよいよ本水槽への引越しとなる。
当分は90cm水槽でみんなと暮らしてもらうつもり。
そしてシストの発現状況や個々の状態を見ながら水槽の分割を考えていくつもり。

そして、2歳魚を見ると・・・・

・・・( o ;)


オイ!モンちゃんよ~(ーー;)

何だい?その泳ぎは・・・?

別に体表には何も無い。
本人はいたって元気を装っているが・・・。

右の胸鰭を閉じたままで泳いでいるのだ。
ただし、反転時や上半身を動かす時(上向く時とか下向く時)は、普通に両方の胸鰭を使っている。

しかーし、飼い主は見逃さないぞ![パンチ]

飼い主は・・・即断で(ちと迷って)塩水浴を決めた。
モンちゃん本人が、不調を訴えているのだから、早めの対処ね。
やっぱり秋口は何かあるねぇ。10月末は鬼門だわ。

そんなわけで、まず、当歳3尾を90cm水槽に移動させ、そして、モンちゃんは60cmランチュウ水槽へ。

P1030184.JPG
こんなになっちゃいました。当歳と2歳の色の差がはっきり見えている。

あ!
言い忘れていましたが、昨日、もう1尾の当歳が届きました。
5cmのお子チャマが、またまた立派な発泡スチロールに入れられて、無事に生着。
その子は、これらの引越しを、ビニール袋の中で眺めてましたよ。

P1030182.JPG
ホラね。当歳もうれしそうです。

P1030182.JPG
そして、モンちゃんと二人暮し。

P1030186.JPG
今朝の地金たち。当歳も2歳も、何事も無かったかのようです。

P1030185.JPG
上見風景。

10月27日 丸手と長手の・・・ [飼育日誌]

おはようございます。
昨日は、朝4時半に主人にたたき起こされて魚釣りに行ってきた飼い主です。
天気はねぇ・・・雨だったですよ。
濡れて寒かったのに、ひたすら防波堤の上に座って、ダンゴ釣りしていました。
昨日の釣果は、チヌ2枚、ボラ2本、ベラ1匹、フグ1匹でした。
私にとってはボラが大ご馳走です。
主人にとっては、ベラが大ご馳走です。
昔、関東に住んでいた頃は、ベラとボラを食べるなんて考えられなかったけどね。

さて・・・

最近、よく思う。
水質が悪化してくると、まず第一に鰭にシストが出来ていることが多い。
それか、鰭の透明感が薄くなったとか、切れてきたとか・・・。
しかも、そういう症状は、丸手の子達に多いのだ。
我が家で一番に症状が出るのは・・・

シストがいつも、スジとハナ。
鰭の切れはモンだ。
そしていつも元気なのは・・・マル。
ツブはなんだかよく分からないけど、鰭の色がにごることが多い。
そんなこんなで、本格的な病気になる前に水替えで対応している。
横見が出来るってこういうときに強いものだ。
エロモナスなんかに猛威を振るわれたら、2年前の悪夢が起きてしまう。
あんなことはごめんだけど・・・そういえばちょうど2年前のことか・・・。

地金って強いのか弱いのか、さっぱり良く分からない。
未だによく分からないのだ。
あっさり飼える様で、あっさり飼えない。
普通の金魚と同じようで・・・一度病気にさせると、半端じゃなく怖い。
だから元気な姿が一番。

そういえば、1週間前に届いた当歳地金に手違いがあったようで・・・
もう1尾届くことになった。
今回の場合は、予定していたものと違う個体が入っていた・・・というわけ。
通販は、自分の目で見て買うワケじゃないから、売る側も大変なんだろうな・・・と思った。
最初にボロとホシを買ったときは、届いた時に尾ぐされのような症状が出てて、代品の追加発送。
そうやって考えれば、地金は店側のリスクが大きそう。
何せ、単価が高いですから・・・。

ところで・・・元気ですからね。

P1030175.JPG
ほらね。水替えで元気いっぱい。

P1030176.JPG
上見も素敵!

P1030177.JPG
今日の主役のマルちゃん。

P1030180.JPG
急に逃げちゃった。

P1030170.JPG
こちらは当歳軍団。

P1030171.JPG
慣れています。

P1030172.JPG
だから・・・こんな写真も・・・

P1030173.JPG
取れちゃウンですよねぇ。

P1030174.JPG
みんな別の子です。3匹とも慣れました。

10月25日 水替えと・・・みつい園! [飼育日誌]

さて、先週の土曜日は昇格試験と風邪でダウン・・・。
なので今週は??

・・・掃除です[ふらふら]

朝7時から8時まで、川の土手掃除[ぴかぴか(新しい)]
これも会社行事の一環で、私はその委員なので朝6時半[時計]集合!
あのねぇ・・・家が近かったら良いんですけどね~[もうやだ~(悲しい顔)]

出発は朝5時45分[たらーっ(汗)]
しかも子連れ・・・[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

ふつー、休みの日に起きるか?子供が?[ちっ(怒った顔)]

てなわけで・・・行ってまいりました。

帰ったら・・・水換えですよねぇ。
先週できなかったし・・・。
ということで、早速、90cm水槽の水を抜く。
2階からホースを地べたまで垂らし、水槽内の水を1/2以上一気に排水。
あとは・・ひたすらバケツで水を持って上がる[たらーっ(汗)]

ひぃ~[あせあせ(飛び散る汗)]

バケツ内でテトラコントラとアクアセイフを溶かし、そのまま水槽内にバケツをひっくり返す。

ザバァ~[どんっ(衝撃)]

ま、こんなモンです。
全換えじゃなかったら、水温差さえ気をつければ大丈夫です(我が家の場合!)。
2歳の地金たちも面白がって近づいてくる始末。
何を思って、水流に頭突っ込んでくるのかねぇ[がく~(落胆した顔)]
わざわざ、俊足で泳いで水流に突っ込むんです。
そして、流されて元の場所に戻る。
90cmの水換えにバケツ両手で6往復させてもらった。

次は、当歳のランチュウ水槽だ。
こちらは水量が少ないので、バケツ両手1回で済んだ。
こういうときに、60cm水槽と90cm水槽の水量差に気づかされる。
やがて、下の状態になったら、当歳も2歳も底面を突付いてゆったりしている。

いいねぇ、こういう瞬間って・・・。

さて、飼い主は家の掃除も終えて、お楽しみのみつい園へ行くことにした。
ただ見るだけで幸せ!
最近のみつい園には、キャリコ浜錦とか、キャリコ水泡眼とか福ダルマなどがいる。
自分で飼おうとは思わないけど、見ている分には楽しい。
ブロードテール琉金とか、更紗地金もいるし・・・・。
そして今日は、浜松ランチュウ発見!(高ェ・・・)

こないだランチュウの品評会に行ったことで、頭の雰囲気について店のランチュウと比較もできた。
ま、ランチュウのことは分からないので、私からの批評は無理だけど。
でもね、みつい園は横見なので、ランチュウの尾ひれの振りは分かったよ。
威厳のある泳ぎ・・・というか、尾捌き・・・なるほどね。
よどみなく泳ぐということ。

そして、戦利品発見[ハートたち(複数ハート)]
買うつもりは無かったけど、いっぺん見てみたかった本!
えへへ。結局買っちゃいました。

「らんちゅう指南」[手(チョキ)]

らんちゅうは飼うつもり無いけど、きっと水作りとか年間飼育とか、産卵・育成過程は参考になると思って!

家に戻ったら、当歳たちがハッスルして壁面に集まってました。
そろそろ、当歳たちも名前決めないとね~。

10月24日 当歳と友達になろう! [飼育日誌]

さて、相変わらず60cmランチュウ水槽でおちつかなそうな当歳3尾であるが、横見が出来るようになって飼い主は一安心。
鰭のシストとか、赤斑とかは絶対に見逃してはいけないものなだけに、横見は大切。
できれば、ついでに上見もさせてもらえれば飼い主はご満悦となるのだが・・・。

2歳の5尾は夜の飼い主のお話にも、よく付き合ってくれている。
飼い主が上から覗き込んでも、ユラユラと泳ぎ回っているのだ。
うちの子達はわりと、寸詰まりの体型で、上から見るとブーッとしている。
モンちゃんなんか、ずんぐりむっくり!
だけど、みんな可愛い。

そして、昨晩は、当歳と友達になるべく作戦を決行した。
水槽にゆっくりと近づいて、じっくりと観察したのだ。
当歳3尾のうち、1尾は外交的なので、一度は逃げるが・・・ユルユルと近づいてくる。
そして・・・

ナニ?ご飯?

とばかりに期待の眼差しを向けてくる。
ナゼそんなことが言えるかというと、手を水面にかざすと(飼い主は水温を手測定しているだけ)上に上ってくるから。
そして、「あれ?違う?」・・とばかりに元の場所に戻っていく様が面白い。
1尾がそんなことしていると、もう一尾もやってくる。
なんかイイコトあるわけ?・・・・とばかりに近づく。
ここで飼い主は、掟破りの行動に出る。
少しだけ、餌をあげたのだ。
2粒ずつおとす。
すると・・・手に逃げなくなった。
やったね!
もちろん、その代償として・・・その後3時間は電気つけっぱなしにしたが・・・。

そし今朝は・・・3尾とも壁面に集まってくれました。
写真のご覧の通り!

P1030170.JPG
カメラにも逃げなくなりました・・・とさ。

P1030169.JPG
ちょっとドアップ。

P1030168.JPG
むひひ!

P1030165.JPG
本日の5尾です。

P1030166.JPG
上見が好きな飼い主です。

10月23日 雨の日の地金たち! [飼育日誌]

昨日、トリートメント水槽をクーラーボックスから60cmランチュウ水槽に変更した。

P1030161.JPG

理由は2つ。

1つ目は、ナンボなんでも水量が少ないということ。
3匹に12LではNGです。かえって病気にさせそうな気がする。

2つ目は、体表の状態が観察しにくいこと。
白い体表を白いクーラーの中で観察しろと言われても・・・。
おまけに、腹側までは見れません。
よって、横見も出来るタイプにしなくては!!

P1030160.JPG
こんな風に見れることが必要です。

てな感じで、60cm水槽に塩を入れ、当歳3匹を移しました。
3匹は水槽内で落ち着かないらしく、ワラワラと泳ぎ回って壁に顔を突っ込んでたけど、これもしばらくの間のこと。
その後は・・・

さて、あらためて当歳3匹を見ると、ナルホド・・・。
肝心の4つ尾尾鰭は、閉じてはいないけど下向き加減だし、まくれがある。
地金の場合、背鰭と尾鰭がくっついていないと失格なので、そういう意味でもハネなのだろう。
梶鰭は3匹とも2枚あるようだ。
腹鰭が1匹切れているが、これはトリートメント中に千切られたのかもしれない。
性格は・・・3尾とも得てして臆病なようだが、1尾外交的な子がいるようだ。
糞掃除の後に水を足したら、何を思ったか近づいてきたし・・・。
ご飯は3尾とも食べる。
ただし、まだゴンズイのごとく固まって泳いでいる。

P1030163.JPG

その下で、5尾がユラユラ泳いでいる。
こちらはさすがに、逃げない。
飼い主が上見で覗き込んでも、壁面でユラユラしている。

P1030155.JPG

・・・あれ??
当歳より、ハナのほうが小さいか?

P1030156.JPG
ご飯です。おいしい?

P1030159.JPG
ハナちゃんです。小さいけど2歳。

P1030162.JPG
ご飯のときは上見もさせてくれます。いつもは「いやーん」とばかりに、遠巻きに位置しています。

10月22日 新入りは仲が良いのか悪いのか・・・ [飼育日誌]

朝起きて、当歳と2歳を眺める。
うちの5尾も、5尾しかいなかったときは体長なんて大きいと思わなかったんだけど、当歳が来てからは、その大きさの差に驚かされている。

え・・・と・・・・[たらーっ(汗)]
横回り?

というか・・・胴回りというか・・・[がく~(落胆した顔)]

ま、大きさです[ひらめき]
うれしい悲鳴・・・なんでしょうな。

さて、2歳魚たちはカモンバが無くなって、ちと寂しそうだ。
水槽は広くなって、飼い主的には掃除しやすくなったけど、何と言うか寂しい水槽になってしまった。
5尾は壁面のかすかなコケをチマチマ突付いている。

そして当歳たちは、3尾が入り乱れている。
というか・・・はっきり言って突付き合い!

ナニしてんの?[がく~(落胆した顔)]

狭いクーラー内で、クルクルと尾鰭をくわえ合っている。

はぁ~[もうやだ~(悲しい顔)]

まだ、トリートメント済んでないのに、なんで突付くかなぁ?
突付かれた個体も逃げ場が無いため、あっち行きこっち行き!
到着時に袋内に糞が無かったことも考えて、たぶん餌切り期間が長いんだろうとは思う。
腹ヘリヘリのため?
そこで、ちょこっとだけ、咲きひかりを与えてみた。
1匹に2粒程度。
無難に食べてました。
上から落ちてくると、底面に落ちる前に反応してたので、「恐怖」ではないのでしょう。
食べたら突付き合いも直るかなぁ?
地金の命である尾鰭を咥えて千切ろうとするなんて・・・・そんな行動を逐一見せられたら・・・・飼い主は仕事どころではない!
気になって気になって・・・[ふらふら]

P1030147.JPG
本日の2歳魚5尾です。ご飯もらってご満悦なのです。

P1030148.JPG
今日の主役のモンちゃん。

P1030149.JPG
口いっぱいに咲きひかりをほおばる姿。

P1030150.JPG
おいしい?

P1030151.JPG
本日の当歳たち。
もう突付き合いしている。

P1030153.JPG
休戦状態の1尾ですが・・・この子もまもなく、突付き合いに参戦していきました。

P1030154.JPG
もうやめてよ~。頼むからぁ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

10月21日 疲れた飼い主・・・と癒し地金! [飼育日誌]

みなさま、おはようございます。
今朝は何となく寒かったですね。
山の上にある会社は・・・もっと寒かったです(今朝の通勤)。

さて、昨日、当歳魚が届きました。
「5cmの当歳を3匹」と聞いていたのだが、ヤマトに受け取りに行くと・・・やたら発泡スチロールがでかい。
90X45X25cm??
ナニこのサイズ?
立派な水槽になりそうな勢いの、発泡スチロールでした。(車に乗せるの一苦労)

・・・(5cmの魚が3尾デスヨ)

ヤマト営業所に届いたのは午後だったけど、受け取ったのは夕方で、飼い主はそのまま子供の歯医者へ。
そしてモチロン、その間当歳魚は・・・発泡スチロールの梱包のまま。
夜になって発泡を開封したら、1尾ずつ30cmのビニール袋に別梱包されてた。

・・・( o ;)

(どうりで大きいし重たかったワケ)

ビニール袋を「うんとこしょ」と持ち上げると、袋の片隅でピロピロっと動いてました。
ま、まずは生着を確認。

ワラワラと動く飼い主を5尾が興味深そうに眺めている。
アクビしながら壁面に集まっているのだ。
その最たるものが、スジ。
興味があるのか、食欲があるのか、はたまた期待しているのか・・・。

とりあえず、小さいのでクーラーボックスを準備し、その中に水を入れた。
中和剤と、アクアセイフと・・・それから付属の塩。
到着した3尾には、付属として・・・ナント・・・「岩塩1袋とエルバージュと餌2種類と滴下用エアーチューブ」がついていた。

・・・( o ;)

なんたる至れり尽くせり!

ただし、気になることがあった。
それは・・・3尾が袋の中で体をこすり付ける仕草をしていたこと。
これは・・非常にヤバイ。
ということで、グリーンFゴールドを追加して、それで3尾を導入。

・・・疲れた。5尾ちゃん、癒してチョ~。

朝起きて、クーラーを覗く。(これが一番怖い)
ま、生きてました。
どっから来ようが、生き物の命は同じなんだけど・・・・やっぱり変に肩がこるわ。
ハネなので、尾型とか、調色とかは期待できないけど、やっぱり5cmは可愛いね。

P1030137.JPG
本日の5尾。

P1030138.JPG
ご飯に夢中。大きくなったと思う。

P1030139.JPG
月曜日のマルちゃん。隠れてる?

P1030140.JPG
ツブちゃんデス。

P1030141.JPG
ご飯食べてるの・・・。

P1030144.JPG
あれ?ハナと入れ替わった?

P1030146.JPG
届いた当歳。

P1030145.JPG
まだピロピロしているし・・・。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。