So-net無料ブログ作成
検索選択

5月27日 ちょくちょく覗くとお出迎え! [飼育日誌]

土曜日は、やれそれと水換えした。
先週の土曜日に水換えをしていないので、今週末はする必要があったのだ。
90cm水槽の6尾と60cm水槽の3尾はみんな元気である。
主人が、自分の水槽を90cm2台にすると言うので、私も60cm水槽を90cmのランチュウ水槽にしようともくろんでいる。
でも、なかなか安いところがないね。
配送OKな安い店、知りません?

今の90cm水槽は、配送料込みで6000円でおつりがきたんだけどね・・・。

さて、のーんびりと水槽をのぞくと、久々にボロが顔見に来てくれた。
最近冷たいなーと思っていたが、そうでもないのかな?
一方、完全無視はザラメ。
こちらのことは、完全に視界から抜けているらしい。
近くを通ったときに、水槽をトントンしたら、ようやく来てくれた。
でも、イマイチうっとうしそう。
ま、もうちょっとかまうべきなんだろうけど・・・。


本日の90cm水槽。


みんなでご飯のおねだり~!


5月22日 糞掃除と地金たち! [飼育日誌]

毎日毎日、朝一番にストレーナーを入れると、さすがにこの子達も学習能力があるのだろう。
ストレーナーが来て、バケツの水が水槽内にひっくり返された途端に、餌~!!!

なんともほほえましいシーン。

まぁ、「ちっとも大きくならないなぁ」という主人の声も、最近はチラホラ・・・。

そっりゃー、コメットと比較されては困ります!!


5月21日 水温20度。うららかな地金たち! [飼育日誌]

春も終わりに近づき、日増しに気温も高くなってきているようだ。
水温も20度を下回ることがなくなったので、サーモスタットの設定を20度に上げた。
地金たちも、ホンワリとした陽気に、アクビしほうだいのようだ。
最近は飼い主も忙しいので、お話ができなくなっている。
そのせいか、ボロが非常に冷たい。
横目で見てフン!といった感じ。
かわりに寄ってきてくれるのが、小雪とテン。
2歳と3歳の差は、体格にも現れているが、なんとなく目の大きさが違う。
それと、鰭の重厚感。
うちの2歳はみんな朱色と白なんだけど、いずれ3歳のように赤に近くなるんだろうか?


60cm水槽のモミジとラン。


90cm水槽のおねだり。


お嬢、期待のまなざし。


何にもないってば~!!の小雪。


5月14日 鼻上げか?それともエサ探し? [飼育日誌]

んと、日中の気温が25度を超えるようになって、水温もますますホカホカしている。
だから、9尾のうち半数は表層にいることが多い。
何をしているのかと思うと、潜れなくて困っているカケを除き、モミジとランは表層パクパク。
ボロと小雪とお嬢も表層ウロウロ。
ハッチは底層で餌探し。
ザラメとテンは中層でウロウロ。
みんな、何してんのさ?

土曜日に水槽1/2の水換えをしているので、水質はそんなに悪くないと思いたいが・・・・。
バクテリアをもう少し追加しておこうとは思う。
それと、そろそろエアーを少し入れておこうかな?
居間でブーブー振動するのは好きではないのだが・・・・。

主人が、もう一つの60cm水槽を90cmに変えると言い出した。
居間に90cm水槽が3台?????
すさまじく水族館化してきている。
ウナギもどういうわけか元気。ウナギどうしでケンカもしている。

家のパソコンが壊れたので(ネット通信ができない)、家での更新ができません。
お返事は必ずしますので・・・気ままにコメントをお願いします。


5月13日 水温変動と地金の様子! [飼育日誌]

相変わらずサーモスタットの設定は17度のまま。
だけど、ここのところ昼間は暖かいので、日中の水温は23度付近をウロウロしているようだ。
だけど、早朝になると水温は20度を切っている様子。
ということで、昼夜の水温はそれなりに変動している。

でも、我が家の9尾はみな元気いっぱいだ。
本来はこういう飼育をすべきなのだろうと思っている。
昼夜は水温変動があって当たり前。
ついでに言うと、日光が射せばなおのこと良いんだろうけど・・・。

ところで、昼から夕方にかけて、カケがよく浮いている。
朝にやった咲きひかりに気泡が付いているのは以前に述べたが、それが体内に入って暖められて、膨張するんだろうか・・・?
夜半になると戻っているので、なんてことはないんだろうけど、それでも毎日のこと。
飼い主はちょっと気にしている。
餌のやり方にも工夫が要るかなぁ?


5月6日 連休終了!と地金たち [飼育日誌]

ゴールデンウィークもいつの間にやら終了したが、気が付けば、地金たちにはあまり良いことのない連休だったかもしれない。
飼い主が休みでも、エサの回数が増えるわけでもなく、こまめに水換えがあるわけでもない。
返って、長期不在のために放って置かれる1週間だったのかな?

それでも、9尾みんな元気元気。
産卵はもはやしないかもしれないね。


4月30日 地金水槽はおだやかだが・・・和金水槽に新参者! [飼育日誌]

昨日と今日は、暑かったですね~(^^;)。
日向でじーっとしているのは、結構、しんどかったです。

さて、今日も地金水槽は非常に穏やか。
9尾がそろって朝ごはんをねだり、昼ごろには各自思い思いのことをしているようだが、飼い主の姿を見ると壁面まで一目散に集まってくる。
そんな姿が可愛いね。

さて、飼い主は虹鱒とウナギのつかみ取り大会に子供を参加させた。
主催者側としては、昨日と今日でニジマス釣りをし、残った魚にウナギを足してつかみ取り大会をさせて完売とするわけなんだろうね。
(我が家はニジマス釣りにも参加したので、早い話が昨日と今日、両方参加するわけ!)

子供がいつも、魚を触らないので(金魚ごときでギャーギャー!)、ここいらで根性を叩き直そうと思ったのだが、これがなかなか・・・・親のほうが夢中になりまして・・・。
子供と2人で1400円払い、用意ドンで100人ほどが一斉開始!
とりあえずまずは、片手で虹鱒をゲットしようと試みる。
でも、釣れ残った虹鱒はそれなりに大きいので、なかなか片手では捕まえにくい。
しばらくすると、大勢の人間から追ったてられて虹鱒も疲れてくるので、その頃に大き目の虹鱒をポイポイといれるのだ。
ウナギが捕まえにくかったが、ナントカ2匹を袋に入れて、後は子供を捜す。
子供はまだ袋が空っぽだったので、「こっちにおいで!」と自分の場所へ誘導し、捕まえさせる。
両手で上からガボッと突っ込んでいるが、それじゃーダメだって!
横からつかむ様に教えて、まぁ最後には「ママ~」と大声を上げながら、虹鱒を持ってきてた。

さて、結果は、ニジマス22匹とウナギ2匹。
かなり、ゲットしたほうだと思います。
ウナギを生きたまま家に連れて帰り、子供に捕まえる練習をさせた。
物怖じしないで触っていたので、一つ、成長したかな!?(^^)
主人が帰ってきて、ウナギを水槽に入れとけ~って言うので、和金水槽に入れた。
かなりの食べごろサイズなのであるが、長い新参者にビックリしたのは金魚たちである。
これから、どうなっちゃうんだろうねー。
ウナギと金魚って、共存できるんだろうか・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。