So-net無料ブログ作成

4月29日 水換え1/3・・・ [飼育日誌]

だんだん暖かくなる今日この頃。
日差しも強くなってきているのかな?

地金9尾もみんな元気だ。
水温が上がりだして、みんな活発に底面を突付いている。
最近、飼い主が忙しいので、なかなかみんなとお話していなかったので、今日はゆっくりお話してみる。
みんな元気?と口パクすると、ボロが真正面からこっちを見てくれる。
ここのところそっけなかったためか、カケとお嬢はフンといった感じだが、それでも餌をやるたびに集まってくるようになった。
今日は3回の餌やりだ。
GW特別サービスといったところか。

飼い主はその後、家族でニジマス釣りへ。
息子が小さいのを6尾釣ったけど、同じ魚でも、こちらは釣られてすぐに塩漬けだ。
金魚見ながら魚食べる違和感・・・ときどき感じている。
サケ科の魚は大好きだ。
泳ぐ姿にいつも魅せられてしまう。
ニジマスかヤマメを飼うのは夢。
昔、大学で、まぁちゃんと名づけた虹鱒を飼っていた事を思い出した。
1尾だけで飼っていたので、鰭がピンと伸びて、体高もしっかりあって、とても綺麗だった。
表情も非常に豊かで、まるで飼い主の顔を覚えているようにも見えた。
金魚は・・・・誰にでも・・・かなぁ?


90cm水槽の6尾。


60cm水槽の3尾。


4月26日 春爛漫の地金たち・・・はどこ? [飼育日誌]

水温が徐々に上昇して、今や水温は20度付近をウロウロしている。
が・・・・サーモの設定は相変わらず17度。
まぁいっか~と飼い主は思っているのだが、地金たちも変わらず元気だ。

朝は5時に電気をつけても、まぶしそうな顔一つせず、集まってくれるのがかわいい。
ただし、ボーっとはしているようで、動きはいまいちロートルだ。
底面の糞取りを横目に未ながら、結構、邪魔なところに居座ってくれるので、ストレーナーとはよくぶつかっている。
それでも、いっか~と飼い主。
まぁ、糞掃除が終わったとたんに態度は急変!

「餌!エサ!えさ!」

食べているときは、幸せそうだねー。


4月23日 ケロリンパのボロ! [飼育日誌]

潜れない・・・で四苦八苦していたボロも、どういうわけか一夜明けてケロッとしている。
昔のチビもそうだったが、潜れないで四苦八苦している姿が朝になると普通にしている・・・なんてことが直々見られるのだ。
(みなさんのお宅もそう?)

夜の間にいったい何が起きるんだろうか・・・。
多分、夜の間に溜まった糞に鍵がありそうだ。
今朝なんか、水面下に糞がフヨフヨしていたもんな。たぶん、ボロのだ!


4月22日 転覆気味のボロ! [飼育日誌]

何がどうなったのかは分からないけど、昨日からボロがもぐれないらしい。
別に、健康には問題なさそうだし、空気の入った糞をしているので、放っておくことにする。

が・・・・

我が家の餌は沈下性。
最初の一瞬は食べられるんだけど、浮いているうちの数粒食べたら後の沈んでいく餌を見送っている姿がけなげに見える。
一生懸命潜ろうとはしているんだけど、底面に溜まった餌を残りの5尾が悠々と食べている姿を見ているだけのボロ。
ご飯命のボロなだけに・・・ちょっとかわいそうかなぁ・・・。


もぐれないボロと、底面でのんびり餌を食べている5尾。ボロの目が恨めしそうに見えるのは気のせい?


体高の出てきたカケ。


60cm水槽の3尾。


4月17日 めずらしい同居人! [飼育日誌]

近くのホームセンターを覗いてみたら、タナゴが売られていた。
私は、日淡(日本産淡水魚のこと)の中ではサケ科の魚が好きなので、もともとタナゴをどうこうしようという気はなかったのだが、じっくり見ていると、コレが結構可愛いのだ。
目に付いたのはヤリタナゴだったが、婚姻色の出たオスが縄張りを主張しているのが見られた。
ライトアップしたら綺麗なんだろうなー。
ま、180円につられて1尾買っちゃったし・・・。

地金と共存させるつもりはないんだけど、温度あわせの意味で袋を60cm水槽に浮かべてみた。
モミジとランとハッチが興味津々で集まってきた。
真正面からタナゴをじーっと見ている。
一方のタナゴは、もぐりたい行動一身だ。袋の中でバタバタしている。

結果的には、主人の90cm水槽に入れてみたけど、初日から金魚と仲良く泳いでいる。
ビビリもしないで、流れてきたものを口に入れている。
ま、それもありか。


4月15日 ヘトヘトの水換えデー [飼育日誌]

今日は居間の衣替えをする。
ムカデが今年に入って2回出没したので、とっととコタツを取ってしまおうということになったのだ。
そして、主人の60cm水槽が2段になっているので下の段が掃除しにくい!という改良項目も今日、実施することとした。

難しく言ったが、早い話が、水槽を並列にするだけのことだ。
和金とコメットの水槽が、着々と成長の兆しを見せていることも受けて、こちらは90cm水槽への移行を敢行!
シシガシラと流金、丹頂水槽は60cmのままとする。

口では簡単に言うが、水槽の台になるものを買ってきて、現在の水槽を取っ払ったところへ設置。
コタツもどけて、60cm水槽の1本と90cm水槽を並列に設置。
締めて4時間の作業だった。

終わって見れば、何だこの居間は?って感じ。
6畳ほどの場所に水槽4台が並んでいるのだ。
テーブルに座れば、主人の水槽を見ながら食事ができ、食事が終わっても金魚の行動を見ながら座談が出来る。

ここは水族館?

主人はしきりに私の水槽が殺風景だと言う。
砂利もなく、カモンバが片隅にチョコットあるだけで、あとは緑と茶色の藻がむっちりと生えている。
レイアウトも寂しい限りだ。
地金・・・・やっぱり水槽らしい飼い方は出来ないんだろうか?

ま、可愛いからいいんだけどさ。


食卓から見える風景。


設置した90cm水槽。コメットたちがのびのびしているね。


今日はランのアップ。


男の子のザラメ。


みんな何を期待しているの?


4月14日 ポカポカ陽気の水換えデー! [飼育日誌]

土曜日は、先週水換えをしていないので、今日、水槽1/2の水換えだ。

面白いことに地金たちは、ストレーナーを入れると急に底面の宝探しを始めるのだ。
それまでは、水槽の上のほうで餌!餌!ってせがんでいたのが、急に態度が変わる。
飼い主的には・・・

なんだよ!急に!

って思うのだが、巻き上がった何かを探すのが楽しみなのだろう。
そして、ストレーナーでグングン水を抜いていくと、気がつけば水槽の向こうのほうへ全員が固まっていた。
60cm水槽の3尾だって、いつの間にか水草の陰に隠れてしまうのだ。

先々週は、手前にいたものだから、ヒョイヒョイと捕まえられてしまったのだが、今回は思うところがあったのかもしれないね。
結構、賢いのかなぁ?

でも、水がないから、飼い主は手を伸ばして掬ってしまうんだけどね。

久しぶりに掬うと、なんか丸々としている感じ。
今日、丸々感が目立ったのは、モミジとボロ・・・・かな。


60cm水槽。水換え後で気持ちよさそう!


カケ。おっとっと~って感じ!


小雪。


90cm水槽。水換え後だよ。手前はテン。


4月11日 本日も夜掃除! [飼育日誌]

朝は相変わらずバタバタ。
おかげで、たまりに溜まったデカ糞を横目で見ながら出勤しなければならないこの辛さ。

やっぱり思うのは・・・品評会を目指そうと思ったらサラリーマンでは厳しいね。
今のところ、そんな野望はないが、それでも、会に入りたいかなーって思ったりすることはある。

うーーん。


4月10日 カモンバの差し入れ [飼育日誌]

朝はなかなかお世話の時間が取れないので、夜にすることにしている。
糞掃除!!
毎日欠かせない。

今日は仕事でヘトヘトだったのだが、お世話をしなきゃナーと思う。
しかも、土曜日にせっかく行ったみつい園で買ったカモンバは放りっぱなし。
これじゃーイケンよね~(ーー;)。

夜に糞掃除をして、濾過装置の中の綿も洗う。
もちろん、綿毛水作も取り出して洗う。
そしてカモンバの植え替え。

かなりボーっとしながらお世話したので、地金たちがその間何をしていたのかは覚えていない。
きっと迷惑だったんだろうとは思うんだが・・・。


ランの上見。何だと思ったのかな?


お嬢とカケかな?


4月9日 お世話なおざりの地金たち [飼育日誌]

今日は飼い主の息子の入学式!
てなわけで、朝っぱらから風呂に入って正装してお化粧もして・・・・子供も制服着て・・・・なーんてしてたら、あっという間にタイムアップ。
ぜんぜん、朝のお世話ができなかった。

じゃあ、帰ってきたらやるのかっていうと、

・・・・・・・あはは~(^^;)。

なぜかヘトヘト。
クラスと名前を書くものが多すぎ。
ランドセルに行き先表示のリボンをつけ、防災グッズの警報器をとりつけ・・・(今時の子には、こんなものまで支給されるんです)。
おまけに、すぐに、授業参観があって家庭訪問もあるそうな!
4月中に3回も有給取らされるんだろうか・・・(ーー;)。

あがぁあああ~~~!

ま、純真無垢な地金たちに、今日は2回餌をやった。
ゆらゆらと尾ひれを揺らして、9尾がこっち見てる。
君たちも少しは・・・何かしたら?
散歩とか・・・鬼ごっことか・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。