So-net無料ブログ作成
検索選択

12月31日 皆様、お世話になりました! [飼育日誌]

2006年も、あと少しで終わり!
今年1年、長かったようであっという間だったような気もする。

10年ぶりに、再び地金を手がけられるようになった喜び!

60cm水槽がうまく立ち上がらずに、毎週末、観賞魚店に走り、四苦八苦した思い出!

私の至らぬところで消えた命!よみがえった命!

今思い出しても、数え切れないくらいの思い出がある。
地金たちに、私は常に癒されてきたように思う。
仕事で疲れたとき、夫婦喧嘩したとき、子育てに悩んだとき、いつも水槽の陰から見ていてくれたのは彼らなのだから・・・。

このHPを温かい目で見てくださった皆様!さまざまなコメントを寄せてくださった皆様!
本当にありがとうございました。
もちろん、来年も、このブログは続きます。
地金たちが家にいる限り、続けようと思います。もちろん、ありのままの姿です。
飼い主と地金たちのドタバタ日誌!
また来年も、よろしくお願いいたします。


12月30日 名前変更!ユキから小雪へ!・・・ザラメは移動! [飼育日誌]

あはぁ(^^;)。
一度つけた名前を変更するなどと不届き千万な飼い主ですが、ユキと言う名は非常に抵抗があるので小雪にしました。
ユキは、私の友人の名前です(もちろんニックネームですが)。
だから、ユキが餌を食べた!とか、ユキがこっちを見ていた!とかって書くと、友人のユキとデジャブするのでダメなんです。
最初はそれほど感じなかったんですが、HPに書くと違和感バリバリになりました。
ごめんよ!小雪!

さて、実は今日の昼に、90cm水槽のミニボロ(正式名称ザラメ)だけ薬浴させることにした。
別に何が悪いと言うことはないんだが、飼い主の第6感がそうさせたのだ。
単純に・・・背鰭がピーンと立っていなかっただけ!
えっ?それだけ?
って思うかもしれないが、ま、地金の場合は早期発見に限る。
取り越し苦労だったら、明日、戻せばいいし・・・。
今夜は、塩とグリーンゴールドベッドで寝てくだちゃいませ。
(一応、60cmランチュウ水槽を使用している)

90cm水槽、後の5尾は元気元気!
小雪とテンもだいぶ慣れたようで、水槽の壁面に寄って、こちらの動向をうかがっている感じ。
時折、カモンバに食いついているようだが・・・。
だから、また1本抜けてただろうがー!!(ーー)

60cm水槽のモミジとランとハッチも元気一杯だ。
ハッチの背鰭は、白一色と化してきた。ま、それはそれで、小さくて可愛い(^^)。


モミジとラン。どっちがモミジかって?左でーす。ハッチはいつも、カメラ向けるとどっか行っちゃうの。


90cm水槽。当歳たちも、みんなだいぶ、慣れてきたよ。


トリートメント中のボロとミニボロ。ボロは・・・まぁ事件に巻き込まれたような感じかな(^^;)。よく似てる。


12月29日 最初に慣れたのはユキ! [飼育日誌]

朝起きて、60cm水槽のモミジとランとハッチは元気そのもの。
ご飯ご飯と水槽の壁面でダンスをしている。

90cm水槽は・・・・ん?3尾しか見えないぞ?

と思ったら、奥のほうで3尾が泳いでいた。
ま、決まっているが、前の3尾とは、カケとボロとお嬢で、奥の3尾とは、ユキとテンとザラメである。
名前をつけてはみたものの、個人的には
テン・・・・ミニカケ
ザラメ・・・ミニボロ
だと思っている。一瞬だけ見ると、よく間違うのでね。

9尾みんなにご飯をやる。

非常に内気なのがミニボロ・・・いやいや!ザラメだ。
人影が見えると、水槽の奥にすっと泳いでいってしまう。
そのくせ、誰も見ていないときはいつの間にかそばまで来ている。
以前のお嬢と同じ様な感じ!
テンもちょっと内気だが、みんなが集まっていると、おずおずとやってくる。
残りの1粒2粒をモグモグしているようだ。
反対に、90cm水槽の3尾と打ち解けているのがユキで、いつの間にやら、ご飯くれーのダンスにも参加している。

家に戻ったら、テンがやたら長い糞をしていた。
もちろん、絶食期が長かったためか中身が空っぽなんだけど、体長の2倍以上ある糞をユラユラぶら下げているのだ。
水流にのって、新体操のリボンの如し。
しかももう寝てるし・・・。(一応は夜7時)

飼い主は面白くないので、起きている子達と遊ぶことにした。
ボロとカケとお嬢に、金魚の飼育本を見せたのだ。
表紙裏の白いところを見せると・・・別に何事もなく見ているようだ。
ユラユラ動かしても、逃げようともせずにじーっと見ている。

さて、問題の・・・流金が載っているページ!!
サッと見せたら、身を翻すお嬢とカケ!
何だろうと思ったのかね?
でも、後ろ向きになったと思ったら、また前向きに戻ってじーっと本を見ている。
ちょっと半歩下がって見ている感じ!
他の金魚は初めてなのかな?

飼い主は、上段の60cm水槽を、90cmランチュウ水槽にする夢を見たんだけど・・・。


60cm水槽のやんちゃ達!


ワラワラの90cm水槽!


12月28日 雪降った日の地金たち! [飼育日誌]

朝起きて、気温9度。
雨が降っているので、キーンと冷えた寒さではない。
地金たちもヒーターのおかげで活発そのもの。
昨日到着した当歳3尾も、我が家のしきたり5時起き!にビクともせず、3尾仲良く泳いでいる。
背鰭もピンと張り、今のところ、泳ぎに不自然さは感じられない。
ただ、問題はクーラーボックスが小さくて、水の劣化が早すぎるのだ。
朝、水槽2台+クーラーボックスの糞掃除をして、飼い主は仕事へお出かけ。

昼から雪になった!
家に帰る頃は・・・うーーー寒っぶー!!
この当歳たちが、暖かい昨日のうちに到着していたことを本当に感謝感謝!
今日みたいな日に輸送されてたら、1発で白点になりそうだもん。
神様ありがとう。

家に着いたら、やっぱりクーラーは水が・・・。
まぁ3尾もいるんだからしょうがないのかなぁ。
飼い主はかなり悩んで・・・・90cm水槽に入れることにした。

もちろん、その前に・・・・身体検査だ。

3尾を穴の開くほど眺めて、体表、泳ぎ、鰭、鰓、目、口、少しでもおかしな動きがないかチェックした。
間違っても、病原菌を入れたくない。
まぁ、入手先はお嬢と同じところなので、地金の管理体制という意味では安心しているのだが・・・。

そして、徐々に水合わせして(とはいっても水温は同じなので、90cm水槽の水を少しずつ足すだけ)、最後に3尾を投入。

改めて、飼い主と当歳たちとのお顔合わせ!
テンは梶鰭が1枚だった。カケと一緒だ。(カケの名前の由来はそこから来ている)
お嬢が、新入りに興味津々のようで、時折、鰭を突付いていたが、30分もすると仲良く泳いでいる。

ふぅー。やれやれ!
このままなじんで欲しいと願う飼い主。

名前はいつもインスピレーションで・・・。


調色無しの3尾もいたって元気!ハッチとランの体格差がはっきり出てきた。


90cm水槽!こんなになっちゃった。カケがどれだか分かるかな?(飼い主は・・・もちろん分かる)


当歳の写真を撮ろうと思ったら・・・お嬢がぬぉおおおおっと現れた。・・・ギャッ!


12月27日 新しい当歳がやってきたぞ! [飼育日誌]

さて、ヤマトの営業所止め発送でお願いしていた当歳たちが、無事に広島県入りしたらしい。
到着の連絡を受け、仕事帰りに引き取って帰った。
この時期は、夕方になると真っ暗なので、なかなか生身の姿を拝見できない。
でも、白と赤のコントラストから、3尾が生きていると言うことは分かっている。
どんなおめめだ?

家に着いて・・・
さっそく、御開帳!といこうか。

6-8cmの当歳ということで、ハッチとランをイメージしていたのだが、実物はもうちょっと体格が良い。
だから、小さくても迫がある感じ!
こりゃー、90cm水槽でも大丈夫そうだね。(結構、安心だ)


本日到着の3尾。結構、3尾で仲良く泳いでいる。


90cm水槽のおねだり風景。


12月26日 飼い主は・・・またまた悩む!・・・地金が9尾に??? [飼育日誌]

60cm水槽3尾に90cm水槽3尾。
ちょっと寂しいけど、これぐらいで良いかなーと思っていたのだが・・・。

思わぬ出会いというものはあるもので、明日、当歳3尾が我が家に来るらしい。
らしい・・・というのは、まだ半信半疑なわけで、どんな子が来るのか、本当に来るのか、不明なのだ。
一応、調色はされているようなので、最終的には90cm水槽に入れようと考えたのだが、大きさの違い、運動量の違い・・・いろいろ気に病むことは多い。
何より、一時的な飼育場所に困っているのだ。
60cm水槽に入れるのがいいのだが、今はモミジとハッチとランで定員だし(飼い主はそう思っている)、そこに3尾も放り込んだら、まーた病気の温床になるかもしれない。
かといって、一気に90cm水槽に入れるつもりは無い。
まずは、クーラーボックスに塩とグリーンFゴールドを入れて、そこで様子を見るのが賢明だろう。
ヒーターも、小さいのが余っていたと思うし・・・な。

うーーーん。


12月25日 メリークリスマスな地金たち! [飼育日誌]

朝起きて・・・「メリークリスマス!」って言ってみたんだけど、誰も興味ないみたい。
まぁ、金魚だから仕方ないか・・・。
緑のカモンバに白地と赤の地金が6尾!クリスマスだねぇ(^^)。
さーて、朝の日課は餌やりと糞掃除から始まる。

ところで、みなさんに一度聞いてみたかったんですが・・・
水槽内の掃除って、金魚を驚かさないように気を使いますか?

実は、私は・・・はっきりいって!気を使わない。・・・というより、気を使うのをやめた一人である。
(とはいっても、むやみやたらに水をかき回したりすることは無いのだが。)
糞掃除にストレーナーを使うのだが・・・最近、我が家の6尾は、自分の居場所からどいてくれないのだ。
それどころか、モミジとランは、糞掃除を始めると同時に、底面の糞を口に入れたり出したり・・・。
「こらぁあああああ!なんで掃除と同時に、底をかき回すンやー!(ーーメ)」
と言ってみても、無駄無駄!
カケとボロもストレーナーのそばに居座り、めぼしいものが無いか探しているし・・・。
おまけに、それを見ていたお嬢まで、最近はガラが悪い。

とにかく!

60cm水槽は、モミジもランもハッチも、まだ小さいのだ。
6-8cm足らずが、ストレーナーの周囲でウロチョロしていても、まーだ可愛いってモン!
それでも、最近はどいてくれないので、強引にストレーナーでどかしているのだが・・・。
ぶつけられても逃げない金魚って・・・何や!?

でーもー、真の問題は・・・・90cm水槽だ!(ーoー;)

10cm以上のデブデブ地金3尾が、細いストレーナーの周りで居座っているのである。
うろちょろするだけで飽き足らず、底を尾鰭でかき回して糞を持ち上げてしまうし、おまけに時には、ストレーナーに顔を突っ込んでくるし・・・。
さらにおまけに、
みんな・・・どかないのだ。
むむっ!
おかげで飼い主は、水中に手を突っ込んで、ストレーナーのパイプ状の所を持たないといけなくなった。
水面より上のグニャグニャの蛇腹の所を持つと、地金に負けるのだ。
だって、どいてくれないから、強引にどかすしか無いじゃん!!
ストレーナーで、グイッ!って、どかされても、まだそこにいる地金って、何なんやー!


60cm水槽の3尾!元気いっぱい。


90cm水槽の3尾!カメラもずっと構えていると・・・前顔しか撮れなくなる。


12月24日 クリスマスイブの地金たち! [飼育日誌]

昨日、水換えを済ませているので、今日からはまた糞掃除のみ。
6尾とも元気元気で、朝からおねだりがすごいのだ。
今日は日曜だからね!飼い主はゆっくり寝るんだよ!・・・と言っても無理か。
彼らの腹時計は実に的確だ。

ボロとお嬢は、相変わらず食後に突付きあっている。
お嬢が突付いて、ボロが突付き返し、またお嬢が突付いて、ボロが返す。
かなり良い勝負!
つまりは、2尾が同じ場所をぐるぐる回っているわけ。
お互いの腹を狙っているので、そうなるのだろう。
飼い主は証拠写真を撮ったろうとカメラを持ち出すのだが、その辺はよく見ているようで、ケンカがすっと収まってしまう。
そして、ひとしきり2尾で回転したら・・・あとは仲良く遊んでいる。
そんなものかなぁ?

60cm水槽のハッチはまだ、白と金色の魚体である。
いつ頃、赤にかわるんだろうか?
モミジやランとはずいぶん体格差がついてしまったのだが、元気さでは一番。
俊敏さでも一番。
ま、いっか。


60cm水槽の3尾。みーんな元気だよ。いつもこの水槽を撮る時はぶれまくり。


ブリブリ泳ぐラン。目が怖いけど、出目じゃないよ。


カケとボロとお嬢。


ベッピンのカケちゃん。口先がとんがって写るなぁ。


12月23日 水換え開始! [飼育日誌]

さーーて、恒例の土曜日。しかも気持ちの良い晴れだ。
こんな日は、仕事のコトなど忘れて気持ちよーく・・・・・水換えか(ーー)。

現在、我が家の水槽は4台!
うち2台が私の管轄で、ボロやモミジたちを入れているのだが・・・あとの2台は主人の管轄でシシガシラやコメットが入っているのだ。
主人はこの時期、仕事が忙しいので、水換えはできない。
となると・・・覚悟を決めるっきゃないらしい。

まず、モミジ達の水を抜く。1/2だけ。
そして、綿毛水作を掃除して、抜かれたカモンバを植えなおし・・・。
新水の投入。
もちろん、アクアセイフ入りだ。

次に90cm水槽の水を1/3抜き、抜かれたカモンバを植えなおす。
新水を投入して、濾過装置の綿をもみ洗い。

書くのは簡単だが、すでにこの時点で2時間半経過。
昨日不調だった子供に、庭の掃き掃除を頼みながら、私は3台目のメンテに突入。

シシガシラとタンチョウの水槽だ。
こちらは、窓のそばにあるので、壁面にアオコが生える。
それをこすりながら水を1/3抜き、新水投入。
申し訳ないが、地金ほど水あわせに気を使わなくていいので楽かなー。

そして最後、コメットと朱文金、和金の水槽だ。
すでにヘトヘト。
何がヘトヘトかって言うと、この時期は外の水道水をそのまま使えない(水温差の関係)ので、台所で温度合わせした水をバケツで運んでいるのだ。
つまりは水槽4台分の水を、台所から居間へバケツリレーしているわけ。
半分ヤケクソになりながら、どうにか済ませた。
締めて4時間。

そして、飼い主は・・・昼ごはん前に昼寝・・・。

はっ!
・・・と起きたら、子供はまだ外だった。
もちろん、庭掃除・・・しているわけも無く、しっかり遊んでいた模様!
おまけに、ほうきを・・・へし折ったらしい。
( o ;)


お嬢の・・・下見?・・・とでも言おうか。結構私は、下から魚を見るのも好きである。


ボロの下見。カケも元気一杯。


12月22日 水槽の外に見えるのものを見分ける? [飼育日誌]

朝、おはよーーーーって水槽の電気をつけると、待ってましたとばかりに集まる6尾。
飼い主の顔を近づけると、顔の近辺にやってきてお話してくれる。
カメラを向けると・・・・逃げる。

あいかわらずだ。

今日は、飼い主の息子の調子が悪いので、会社を早退した。
でも、保育所に迎えに行く前に、少し家に寄る(保険証とか、診察券とか)。
すると、6尾とも、飼い主が帰宅するとは思っていなかったのだろう。
部屋の隅からこっそり覗くと、みな、思い思いのことをしているようだ。
植木鉢の下に潜り込んでいたり、水草を食んでいたり、壁面を突付いていたり・・・。
あぁ、昼間はそんな風にして過ごしているんだねー。

飼い主はここで一計を案じる。
「彼らはどこで私と分かるだろうか・・・」

一歩進んでは止まり、また一歩進んでは止まる。我が家なのに、まるで泥棒だ。
水槽から約1mくらい手前で・・・あっ!最初に気づいたのはランだ。
ランが水槽前面に泳いできて、餌くれダンスをする。
すると、すぐにモミジが気づいて賛同。
ハッチは、出遅れたとばかりに猛スピードでやってくる。
口が猛烈にパクパク動いているのが可愛い。

一方、90cm水槽は、やっぱり最初に気づいたのはボロだ。
なんとなくうれしそうにも見えるのは、飼い主の親バカなのだろう。
まっすぐこちらに近づいてくるボロを見て、お嬢も負けずに泳ぎだす。
カケも出遅れまいとやってくる。

そんな金魚たちだから・・・可愛い。
もちろん・・・・飼い主は、ちゃーんと、ご飯をあげたよ。


モミジちゃーん。そこで何してんの?


昔からの、カケとボロのコンビ。お嬢の出現でケンカしなくなった。


いまや3尾。みんな個性があって可愛い。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。