So-net無料ブログ作成
検索選択

11月30日 水槽のレイアウト変更! [飼育日誌]

・・・とはいっても、そんな大層なことはしていない。
カケボロ水槽の植木鉢を端っこに置き、綿毛水作を真ん中に置いただけだ。
理由は・・・植木鉢を真ん中においておくと、水槽の半分側が滞留しがちのため汚れがちなようなのだ。
それが本当かどうかを検証するために、綿毛を真ん中に置いてみただけ。

今日は飼い主は会社をお休みしたため、ついでにアミーゴでライトを買った。
モミジ、ラン、ハッチの水槽にもライトがいるだろうと思い、ボーナス前だというのに奮発したのだ。
(ただのセール品だけど・・・・リッチじゃないから)
上にライトが付くと、ハッチの色は驚くほど金色だ。
でも、その金色に濃淡があるので、どうやらこの子は更紗になりそうな気配である。
色的には・・・ボロみたいなものだと予想している。もちろん本当のところは分からない。

実は飼い主は、黒子の飼育をしたことがないのだ。
昔の金魚たちも、さすがに18年も飼育していると、毎年子供が生まれていたのだが、なかなか子供の水槽まで手配できないというか・・・いつも子供まで手が回らずに仔魚の段階で駄目にしていた。いわゆる青子の段階だ。
でも、来年はぜひ、頑張ってみたいところ。

そして、27度だったモミジランハッチ水槽を、今日は25度に下げた。
モミジランハッチ????・・・自分で言ってワケが分からんね。


カケボロ水槽。昼間、カケはいつも浮きがちだが、夜になると沈んでいる。


ランちゃま。・・・・蘭??・・・いえいえ!乱です。


金色の衣をまとったハッチ。尻鰭がハチの字に開いているので・・・。


モミジとランとハッチを上から・・・。


11月29日 飼い主1回目のおねだり! [飼育日誌]

あ、表題の意味は後ほど・・・。

朝起きて電気をつけ、15分後に、5尾にご飯をやる。
モミジとランとハッチはまだ我が家のしきたりに慣れていないので、朝5時に部屋の電気がつくと結構びびっている。
特にハッチ!
ピューッと20cmくらい泳いで、また元の場所へ戻ってくるのだ。
いつ頃まで続くだろうか?

一方、カケとボロは慣れたもので、こちらが電気をつける前にもう水槽内をウロウロしている。
当然、電気がつくと、ご飯ご飯の催促開始だ。
そんな彼らも可愛くて仕方ない。

朝ごはんをやって、その後、糞掃除。
水槽が2台になったので、糞掃除も倍かかっている。
そして足りない分の水を水槽へドボボボボ!
コレに喜んだのはラン!
わざわざ急流内に潜り込んできて、ひっくり返って遊んでいる。押し出されたら、また入り込む。
あはぁ・・・。飼い主も半分、あきれ顔( o )。

夜、うちの主人にそれとなく90cm水槽を催促した。
ま、共稼ぎなのでお金は自分で出すのだが、一応、設置面積のこともあるし安い買い物ではないし・・・。
「この子達も、もう一回り大きな水槽で泳がせたら、もう少し、仲間を入れてやれるんだけどなー」
と言ったのだ。
返事は・・・・
「水換え大変だろうが!」
だった。1回目終わり。
2回目はいつにしようか・・・。


カケとボロ!あ・・・綿毛水作がボロになってるぅ。


3尾でーす。小さいでーす。


11月28日 新参者は水槽27度?? [飼育日誌]

朝起きて、みんなおはよーと電気をつける。
とはいっても、電気持っているのはカケとボロの水槽だけである。
えーと、あとは・・・・・な、名前が・・・・。
あ、そか。モミジとランとハッチの水槽は、何も無い。
それでも急に電気がついて、まぶしかったみたいね。当歳は結構、すばしっこく逃げる。

今日はみんなに朝ごはんをやって出勤。
カケとボロも、今日はもらえてうれしそう。
調色なしコンビの水槽は、水温25度のつもりでいたのだが、27度だったらしい。
サーモ見ると、しっかり設定も27度。ありゃまー。
1週間程度だし、ま、いっか。・・・・割とルーズな飼い主である。

夜に帰ると・・・・19時前にカケが表層でじーっとしている。
調子が悪いのか?と飼い主が覗くと、潜っていく。
画用紙を置くと・・・もう動かなかった。
もう寝ちゃうのーっ?と飼い主。でもボロは、お付き合いしてくれる。ま、昔からの夜更かしタイプ。
体力あるなぁと感心させられる。

えっと・・・・モミジとランとハッチは、眠くても隠れる場所がないので、わりとチャカチャカ起きているようだ。
おまけに水温27度のせいで、メシメシの催促!

そんなわけで、夜9時には部屋の電気を消す。おやすみね。

今日は、「我が家の地金紹介」欄に3尾を追加すべく写真を撮ったのだが、当歳達は・・・逃げる逃げる。
・・・というわけでもないのだが、とにかくフラッシュの瞬間に動くのだ。
だから・・・ブレる。特に下半身。君!そのシッポがぶれるんだよ!
だから・・・飼い主は撮りなおす。
当歳2尾を撮るのに2回ずつやり直し。
悪いけど、モミジは一発成功。にゃはは!年はとりたくないねぇ。


今日は大変に貴重な・・夜の写真。ボロとカケが寝てるぅ。実は飼い主にも初光景。


調色なし水槽の夜写真。一応、みんな寝てる・・・はず。部屋も真っ暗だから。


11月27日 調色あり・なし水槽、新結成! [飼育日誌]

朝起きて・・・5尾とも元気か・・・・それを考える瞬間って、なんとも言えず嫌な気分である。
昨日と一昨日に新参者を迎えているので、しばらくはしょうがないか。
ま、飼い主の思いとは裏腹に、みんな元気なのだが・・・。

まずは、カケボロ水槽!
昨日の浮き気味は回復したようで、底層にて元気な姿を見せる。
当歳と比較するとやっぱり立派な姿だよん。朝ごはん要求のダンスも軽快だ。
で~も~!!!
君らは・・・・・朝飯抜き!!
水槽内から「えーーーーーっ!」という声が聞こえてきそうだが、今日は久しぶりの絶食日にしたのだ!(飼い主の勝手で・・・・。)
カケはカモンバに潜り込み、ボロは糞掃除をするストレーナーの吸い込み口に居座る。それって・・・仕返しか?
(-o-)

次に、当歳水槽!
2尾は本当に仲が良い!
そして、飼い主の顔を見ると寄ってくるところが可愛い。小さい目なのに、こちらの指の動きまでよく見えているようだ。
咲きひかりをパラパラと与えた。もう、上まで餌をとりに来るし・・・美味しそうに食べてるね。
おっ!残りの粒がなくなると、赤いほうが黒子を突付いている。飼い主、嫌な予感!
もしや・・・・ボロとタメ張る性格かぁーー???
ま、同じ当歳でも大きさが違う場合って、何かしら理由があるのよねー。
弱肉強食(ーー;)

最後に、トリートメント水槽の2歳ちゃん。
居ない居ないを見せかけて、ちゃんと画用紙の影から様子を伺っているところが憎めないヤツ!
1尾だから寂しいんだろうね。
でもって、昨日も一昨日もそんなに変わらないので、君もランチュウ水槽に移ってもらおうか。
朝のク○忙しい時間に水合わせをして、この子も当歳と同じ水槽に合流させる。
そしたら、この子も安心したようだ。
3尾そろって、餌のおねだりとは・・・・・飼い主メロメロ。仕事に遅刻するってばー!!

夕方、忘れずにヒーターを買って帰った。主人の水槽用も買ったので7000円・・・・。痛い!
とりあえず、ランチュウ水槽の調色なしトリオにヒーターをセットし、しばらく水温25度で様子を見ることにする。(地金水槽にはすでにヒーター配置済み)
今のところは3尾ともピンピンしているが、何かあったらいけないしね。
ちょこっと咲きひかりを落としてやると・・・・おっ!当歳の赤は2尾を突付いて追い払っている。
片方は当歳の黒子だが、もう片方は年上だし君よりでかいんだぞ??
この子の体型が立派な訳が分かったような気がした。いつかボロと・・・・(飼い主ニヤリ)。

カケが珍しく19時前から大あくびを連発しているので、電気を消し、画用紙を置いてやる。
とっとと消えていった。本当に眠かったらしい。・・・3才近づいて、昔のチビに似てきたかも。
おやすみね。

新入りちゃんたちの名前・・・みんな一色なので、なかなか思いつかないのだが・・・
2歳の30円は・・・・モミジ
当歳の赤は・・・・・・ラン
当歳の黒は・・・・・・ハッチ
と呼ぶことにする。
もちろん、飼い主の独断と偏見だ。意味は、内緒だもーーん!


11月26日 水槽を分ける決断! [飼育日誌]

朝から雨。あーぁ!気分もドンヨリだ。
雨が降ると、カケとボロもなんとなく表層で鼻上げしがちなようで、朝ごはんをやるのも気が引けるというもの。
だから、ちょこっとだけにした。

昨日到着した当歳たちも元気なようで、こちらの姿に反応しているようだ。
2尾が仲良く泳いでいるみたいだし、餌も食べたいらしい素振りが見えている。
咲きひかりを1粒落としたら、すぐに食べに来てくれた。
まだ到着直後だから、もう駄目よー!と飼い主。
目が上を向いているのが見える。可愛い。

さて、人間達の朝ごはんも終わったところで、金魚の大移動開始!
現在、地金水槽の上にランチュウ水槽を置いているのだが、この中に入っている息子の金魚たちを別の場所の60cm水槽に移すことにしたのだ。
理由は・・・・流金が大きくなったので、背鰭と腹鰭を広げたら狭く感じる!というもの。
(結構、うまく言えたでしょ??)
主人も納得して手伝ってくれた。良かった!
金魚の大移動が出来た段階で、空いたランチュウ水槽に水を張り、お得意の綿毛水作をもう一つ作成。

その後、家族でみつい園へ行った。
理由は・・・主人のエリアに移った金魚水槽に、大きな金魚を入れたいという主人の希望があったためだ。
私は、めずらしく彩錦の当歳が入荷していたので見入っていた。
土佐の系統のはずなのに、ピュンピュン泳いでいるし・・・。たくましいなぁ。でも、小さい。
主人は、小さなコメットを数尾買っていた。原型に近い、泳ぐ金魚が好きなんだそうだ。

午後になって、当歳たちをランチュウ水槽に移した。
当歳2尾は、急に広くなって驚くかと思いきや、もともと水槽の横見には慣れているらしく、すんなり飼い主の顔を拝みに来てくれる。
手を出しても逃げずに近づいてくるのだ。やったね!

そして、午後にはもう一仕事!
30円の新顔を迎えに行った。(ま、送料やらを含めると、それなりの額にはなっているのだが)
落札価格ばかりを強調すると申し訳ないのだが・・・30円なんだから期待してはいけない!と自分に言い聞かせる。
営業所止めにしているので、無事に荷物を受け取って早速開封。
元気ならそれでいいよね?

ん?

(-o-)!!!!
結構、立派な個体じゃん!
こちらもうれしい誤算だったようだ。
尾の下側の開きは弱いが、上側はしっかり開いているし、2歳なので横幅もある。
とりあえず、空いたトリートメント水槽に新顔を入れ、休ませる。
こちらも・・・・ゆくゆくは当歳水槽に入れようかな?

あぁ!名前考えなきゃ!


本日のボロ


本日のカケ


ランチュウ水槽の当歳たち!


新顔!


11月25日 当歳と2歳の差! [飼育日誌]

朝、いつものように餌やりの後、糞掃除をして綿毛水作の掃除。
そばにいるカケとボロは興味津々のようだ。キャーッと逃げるくせに、また寄ってくるし・・・。
綿毛をモミモミして汚い付着物を取る。
その後、水作を水の入ったバケツに移して、振ると・・・出るわ出るわ!バッチイ汚れ。
水作の水の入り口は綿毛で覆っていたつもりなのに・・・おのれ等ーどこから入っただか?
(--;)
水槽の水も最終的には1/3ほど換えて、土曜のメンテは終了。
その後、クーラーボックスを出して水と塩を入れ、エアーをしながら当歳用の水槽を作った。
今日は曇り空で今にも雨が降りそうだったので、地金たちの日光浴はなし。
残念だねーと言うと、何やら一生懸命訴えているようだ。
何?メシ?

水槽内のカモンバは、グリーンもレッドも食べられていないようだ。
カモンバの先端から新芽が見えている。
そうそう!少しは水質浄化に貢献してね。
(ということは、カモンバを食べる子は、カケとボロじゃなかったってこと?)

昼ごろ電話があり、当歳を受け取りに行った。
当歳2尾なのに、ゴミ袋並みのでっかいビニール袋に入って、発泡スチロールで頑丈梱包。
子赤とは全く違う待遇に、複雑な思いだ。同じ命なのにねー。
ま、飼い主としては開けるまでが楽しみ。
何しろ今回は調色前個体なので、色に関しては販売店様にお任せしたのだ。ただ「元気な個体を!」と言っただけ。でもって・・・

開けてビックリ!

当歳って・・・こんなに小さいの?
というのが正直な感想だった。6cm程度なら、8-9cmのカケとボロとでもそんなに大差ないだろうと思っていたのだが・・・。
長さが2cm違うと横幅がぜんぜん違う。そして、尾鰭を振るときの力強さもぜんぜん違う。当歳は尾鰭や胸鰭なんて、厚みも感じられない。
華奢!ひ弱!そんな言葉しか出てこなかった。
ウチの子たちって、こんなに立派な個体だったんだーと今更ながら思った。
カケとボロに感謝感謝!ありがとうね。(^o^)

そして、2尾のうち1尾は素赤!もう1尾は黒子だった。
素赤も、まだ色変わりしたてって感じ。
確かに、地金を調色する場合は素赤の個体がいいとは聞いているが・・・。
これって・・・自分で調色しろと???
水合わせを終えてトリートメント水槽に移った個体をしみじみ眺める。
本当に小さい。人差し指の二関節くらいだ。・・・こんな子達を人間は調色するのだろうか?鱗をはぎ、頭の皮を取り・・・。
こんな小さな子に?

地金愛好家として(勝手に)誇っていた自分の気持ちが・・・初めて揺らいだ・・・そんな一瞬だった。


本日のカケ


本日のボロ


遠いところをやってきた当歳。


11月24日 あーーん!地金が5尾に?? [飼育日誌]

さて、素赤の地金が明日到着かと思っていたら、明後日らしい。
日にちを1つ間違えていたようだ。
明後日だったら・・・あまりよろしくないなぁ。
ウチの主人は、金魚は基本的に店で買うものだと思っている。
飼いやすさとか、入手難易度とかいったものにはまったく興味がない。子赤を買うようなイメージしかないのだ。
当然、地金の何たるかも知らないし、他の金魚と同居させられない理由も知らない。
ただ私がめっぽう大切にするもんだから、高価なものなんだろうとは思っているらしい。
(体型はハネみたいなもんだから、ぜんぜん高額じゃなかったんだけどねー。)
たかが金魚ごときを宅急便で送ってもらっている・・・などと言ったら・・・・はぁ。
結構、ブルー。

今日、成り行きなのだが・・・地金の当歳が手に入ることになった。
調色前の個体が2尾。
こちらは明日、届くらしい。
すでに水槽飼育されていた個体だそうなので、トリートメントに関しては普通に考えようかな。
クーラーボックスでしばらく様子を見てから合流だ。
難点は・・・当歳ということでおそらくサイズは6cm程度。ウチの子のパワーについていけるだろうか・・・。カケとボロはビュンビュンに元気である。
それと、地金と六鱗を分けて考えている店から、地金として送ってもらうので、遊泳能力がどの程度なのか・・・。まったく未知数。
いろいろありすぎて飼い主は疲れた・・・。
明日は、綿毛水作をジャブジャブしなきゃなー!それと、水槽1/2~1/3の水換え。
カケとボロを日光浴させてあげたいし・・・トリートメント水槽も作っておかなきゃ!
あーーん!

知り合いが、ランチュウを飼育している人を紹介してくれるというので、一度、尋ねてみたい。
品評会入賞魚って、まだ拝んだことがないので、ちょっとワクワクしている。


11月23日 我が家の地金が3尾に??? [飼育日誌]

さて、ウチの子たちは実に元気。
あれからまた、5mmくらい育ったかなーと思っているのだが・・・。真意のほどは不明だ。
朝ごはんと糞掃除の日課は欠かせないが、彼らも慣れたモンでそろそろご飯がもらえるとよく知っているようだ。
こちらの朝ごはん風景をいつも恨めしそうに見ている。
そんなに見るなよー!と、飼い主。

夜、とうとうやってしまった。
オークションで落札しちゃったのだ。
17年度産だったら、2歳?
7-9cm程度の個体だったら、ウチの子たちにも合うはず。そう思っている。
体型は決して良いほうではないし、実は調色前個体なので、全身素赤なのだ。
本当に届くのか・・・半信半疑でもあるが、調色が地金の体質にどれだけ影響しているのか調べる意味でも、無駄な落札ではなかっただろうなーと思っている。
その子の写真は下記に・・・・。

問題は、価格である。地金は、やっぱり高額なのだ。
店のHPで見ると、安くても3000円!高いと6800円くらいしている。
もちろん、当歳か明け2歳しか売られていない。3歳など、皆無に等しい。
そして、今回の落札価格も、とびっきりの額だった。調色前の個体。2歳。

落札価格・・・・・30円。
ホンマに地金か?それとも4つ尾の子赤か?
でも地金と書かずに地錦という言い方をされていたので、初心者が売っているとも思えない。
到着が楽しみなような、ちょっと怖いような・・・。


さてどう思う?


11月22日 水温設定21度へ! [飼育日誌]

毎日、元気元気。
こうやって何事もなく毎日が過ぎていくと、この子達もごく普通に簡単に飼育できるんだなーと思ってしまう。
初心忘るるべからず!・・・怖い怖い!
餌をやるときって、水槽の淵をコンコンと叩くんだけど、そうすると2尾がわわーっと水面に集まってくれる。そして、餌とともにまた沈んでいくのだ。
合理的に底で待つ・・・などということを彼らはしない。純真無垢。そんな彼らだから可愛い。

さて、ネットでチラチラと地金の扱いを見てみるんだけど、なかなか良いのがいない。
私的に良いのというと、別に鰭や体型がどうのというわけではない。
ただ、体長と年と価格で見るだけである。
でも、顔つきというのは個体ごとに微妙に異なっており、そういう意味では写真もしっかり見てから買いたいと思っている。
あとは・・・しいて言うなら繁殖も夢なので、あまりに形が良くないのは避けたいところ。奇形とかね。
9cmくらいのが1尾でいいんだけどなー。3尾いれば、全部が雄か雌なんてことは少ないだろうしね。
それか・・・ボロがカケを追い回すのをやめてくれたら・・・。
ついでに・・・雄雌であったら・・・。

ま、今すぐ要るわけではないので、ボチボチ考えようかね。


11月21日 だいぶコケが生えた水槽! [飼育日誌]

朝と晩、カケとボロにご挨拶するのが楽しみな私である。
やっぱり金魚とはいえ、慣れれば可愛いもので、姿を見るとメロメロになってしまう。
疲れが取れる一瞬である。

本日も朝に糞掃除。
珍しくボロが、植木鉢に顔を突っ込んでいる。
水槽底面に落ちている砂利では、掘り出し物がないのも見え見えだからつまらないみたい。
カモンバの隙間から器用に顔を突っ込んで、砂利を口に入れたり出したりしている。
じっくり見ると、金魚でもいろいろな動作をしてくれる。

写真を撮ろうとカメラを水槽上面に持っていったら、2尾とも逃げてしまった。
手だけを上にかざしたら、すぐに来てくれる。
カメラを出すと・・・・逃げる。
よく見ているようだ。


本日のカケとボロ。だましだまし撮った写真。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。